ヒトの暮らし猫との暮らし
名古屋市内で飼い主のいない猫の保護、里親様募集、TNR活動 「でら!ねこ!譲渡会」開催
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

忙しい


忙しい。
3月は忙しい。

年度末なので資料提出しなくてはならない。
資料とは2012年度の活動報告書のこと。
2012年度の当会「ヒトの暮らし猫との暮らし」の活動内容を報告書として
作成する。
TNRした猫の頭数、保護して譲渡した猫の頭数、活動場所、地域の状況など。

作成しながら思うことは、保護する猫の頭数が減らないということ。
2012年度は、ずいぶん活動をセーブしたつもりでしたが前年度とほぼ同じ状況。


この活動地域で暮らす猫たちおよそ30匹、すべて不妊去勢手術を済ませています。
外で暮らす猫の寿命は5年くらいでしょうか。
一代限りの命を見守ってください
PB030452 (2)
PB030475 (2)

資料作成したら送りつけるわけにはいかないので持って行く。
まずは
天白区役所に

持って行くのにも時間をとられる。
区役所へはいつ行くか。
なにしろ土日はお休みで、平日は午後5時15分で終わってしまう。
いつ行くか?今でしょう。とはそう簡単に決まらないのだ。


そして譲渡会もある。
この忙しい時期に月2回の参加はムリなので3月9日は欠席。
なので、3月23日は参加します。

参加するだけというものではなくて、
大勢の方に見学にいらしていただくためには、事前に十分な広報をしないと。
「いつ里」に募集記事を載せたり、チラシを作成したり。
募集記事を載せるためには、とびきりイイ写真も撮らないと。
陽の当たる明るい場所で、猫もリラックスしているようなイイ写真を撮ろうと
思うとこれがけっこう時間帯を選ぶし、時間もかかる。

忙しい時は猫の具合が悪くなったりしやすい。
たぶん、薬を飲ませる時間がまちまちになったりと、忙しさにかまけて
なにかが微妙にずれてしまうからだと思う。

調子を落とした猫を病院へ連れて行くことにして、どうか待合室に誰も
いませんようにと願いながら行くと、これがもう混んでるの。

日々の暮らしとはまあこんなものでしょと思うことにする。



      

  でらねこ
    
     「 定例譲渡会 」


 3月23日(土曜日)

  午後1時15分から午後3時30分まで

  東生涯学習センター 2階

   名古屋市東区葵一丁目3-21

   地下鉄「新栄町」駅下車1番出口より北へ徒歩5分
(名古屋市芸術創造センター東隣になります)

  専用駐車場15台 ・近隣にコインパーキングたくさんあります
http://www.city.nagoya.jp/kyoiku/page/0000004451.html   

カトリック布池教会近辺のコインパーキングに空きが多いです
http://goo.gl/maps/76akI




にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


どうぶつ基金バナー200x40 (2)

私たちは公益財団法人どうぶつ基金が主催し日本郵便の年賀寄付金の助成を受けた「どうぶつ基金24年度みみ先カット猫無料不妊手術事業」の協働ボランティアです。
このブログ(HP)に登場する猫(一部の場合もあります)のみみ先カットと不妊去勢手術は、どうぶつ基金が発行する「公益財団法人どうぶつ基金24年度みみ先カット猫無料不妊手術チケット」を利用し、わたしたちは手術代を負担することなく無料で行いました。
どうぶつ基金では全国の協力獣医さんと、みみ先カット猫無料不妊手術(約2300頭)を利用したTNR活動を行うことが出来る協働ボランティアさんを募集しています。
詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.doubutukikin.or.jp/tnr/campaign/

※この事業は平成24年度 日本郵便の年賀寄付金の助成を受けています。
寄付金付き年賀はがき、切手を購入していただいた皆さま、公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様、郵便事業会社様に心より感謝申し上げます。



スポンサーサイト

コメント

保護猫は減らないんですか・・・やはり「猫は外にいるものだ」と普通に考えている人たちが減らないと減りませんね。だから20~30年はかかるかもしれません。
それと私が思うのは「人懐っこい外猫が他人の庭などに入り込み、
それが可愛いとか可哀想と思う人が餌をあげてしまう」のが原因だと思います。住宅密集地だとその傾向が強いのかもしれません。
(私の近所など典型的です^^)
町内会などで餌を与えないよう徹底するか、最終的には法律で縛るしかないかもしれません。
うちのリオを見ていると野外の猫は可哀想です。まだ朝晩は寒いですし。
活動大変ですけど頑張ってください~(゚▽゚*)

[2013/03/17 19:25] URL | ごんず #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ごんずさんへ
保護する猫が減らないのは、猫を捨てる人がいるから。
そして飼っている猫の不妊去勢手術をしないまま出入り自由に
している人がいるから。
そして、えさを与えるだけで仔猫が生まれようがほっとく人が
いるから。
などなどでしょうね。
今時ののら猫は、人からえさをもらわなければ生きていけないでしょう。
えさを与えるなというのもかわいそうですから、外で暮らす猫にえさを
与えるのならその猫たちに不妊去勢手術をして欲しいです。
行政も、殺処分するだけではなくて現状を改善する方向へ動いて欲しいと
思います。

[2013/03/17 20:19] URL | 八十八夜 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://arasimuteki88.blog109.fc2.com/tb.php/236-137d49a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

八十八夜

Author:八十八夜
FC2ブログへようこそ!

支援のお願い

飼い主のいない猫たちの保護、TNR活動継続のため ご支援をお願いいたします。 三菱東京UFJ銀行八事支店(ヤゴトシテン) 普通0035006 「ヒトの暮らし猫との暮らし」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ネコ温度計

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR